reina-sofia8

スペイン

ソフィア王妃芸術センターであの『ゲルニカ』鑑賞。そして運命の出会い。

はやいもので、マドリードに到着してはや数日となりました。

 

何だか毎日食べてばっかりに見えるかもしれませんが、そんなことは……な…。

ある……かなぁ。

 

ここらへんで、そろそろ別の観光日記にうつります。

今回は、とある有名な美術館へ行ったお話。

そしてそこで、とある絵画に一目惚れしたお話です。

 

スポンサーリンク

『ソフィア王妃芸術センター』で絵画鑑賞。あの有名なピカソの『ゲルニカ』とも対面

スペイン・マドリードには、素晴らしい美術館がたくさんあります。

有名なのが、

  1. プラド美術館
  2. ソフィア王妃芸術センター
  3. ティッセン=ボルネミッサ美術館

の3つの美術館です。

それぞれに特色があり、見どころはありますが、これらの中でも特に見逃せないのは『ソフィア王妃芸術センター』ではないでしょうか。

『プラド美術館』も世界的にめちゃくちゃ有名ですけどね、なんたってルーブル美術館に並ぶ世界三大美術館といわれていますし。

ではなぜ『ソフィア王妃芸術センター』がこの中でも見逃せない美術館であるのか。

それはおそらく、世界的に有名な画家ピカソの『ゲルニカ』が展示されているからでしょう。

絵や芸術に詳しくない人でも、おそらく人生で1度は目にしたことがあるのが、この『ゲルニカ』。

私がこの『ゲルニカ』という絵の存在を知ったのは、小学生くらいになるんじゃないかなぁ。社会科の教科書で見たような記憶があります。

その後、中学や高校にあがっても、社会や歴史の教科書でかならず見かけた、あの『ゲルニカ』。

モノクロで、ピカソ特有のデフォルメされた多くの人物たち。その表情は、苦しんでいるような悲しんでいるような、はっきりと言いづらいもので。そしてその絵の横には、戦争の悲惨さを描いている、とかならず添えられている説明文。

子どもの頃の自分には、正直その絵の素晴らしさはまったく理解できなかったです。

でも、心のどこかにずっと残ってる存在であったのもまた事実でした。

というわけで、今日はそんな世界的名画を目的に、『ソフィア王妃芸術センター』へ向かいます。

参考:Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía

 

『ソフィア王妃芸術センター』の場所はこのあたり。

マドリードにはあまり大きな通りはないのですが、駅へ続く比較的大きな道路が『アトーチャ通り』です。この道をひたすらにまっすぐ歩くと、自然にたどり着きます。

 

たどり着きました!

reina-sofia1

写真の向かってやや左下が入り口。この中にチケットオフィスがあります。

チケットは大人1名10ユーロ。ヨーロッパの美術館ではお馴染みの、夜間無料開放もありますよ。

 

reina-sofia12

こちらは中から見たチケットオフィスの混雑の様子。

チケットは当日に購入するのももちろん可能ですが、こんな風に時間帯によってはかなり混雑することもあるので注意が必要です。

 

さっそく中へ。

あ、入場時には荷物の検査(金属探知機もあったかな?)がありますので、ちゃんと準備していかれることをおすすめします!

 

reina-sofia2

reina-sofia3

 

『ソフィア王妃芸術センター』は、一部を除いてフラッシュ無しでの写真撮影が可能です。三脚は持ち込み不可となっています。

ヨーロッパの美術館はこれが本当にありがたいですよね!

もちろん自分の目で見て、心に焼き付けることが一番ですが、やっぱり後から見返すことができる記録もあると嬉しいです。

 

ただ、残念ながら、今回この写真撮影不可である一部のものにピカソの『ゲルニカ』が含まれています。

そのため、ここでは『ゲルニカ』の紹介はできません。

あの絵と対峙した時の気持ちとか、感想とかも。今回ここではお話せず、私の心の中にしまっておこうと思っています。

 

reina-sofia5

reina-sofia14

reina-sofia15

こんな風な、いわゆる絵画の展示もあり。

 

reina-sofia8

これはいったい何なんだろう…という展示も多々あり。笑

 

reina-sofia7

reina-sofia6

 

私はのんびり、気に入ったものをパシャリと撮影しながら歩いていました。

 

reina-sofia9

reina-sofia10

reina-sofia11

 

後から見返してみると、私の好みはとてもわかりやすいなぁと思いましたねぇ。笑

あんまりゴテゴテしていなくて、わりかしシンプルで目をひくものが好きみたいです。

サルバドール・ダリの絵に一目惚れする

ここまではあまり『あ、これ好きだなぁ』と思っても、あまり画家名や解説はしっかり読み込まずに鑑賞してきました。

でも、ここで、ある絵に一目惚れしました。

 

それがこれ。

reina-sofia9

サルバドール・ダリ『The Great Masturbator(大自慰者)』

 

なんか、絵のタイトル的に『これに一目惚れした!』って言うのがとてつもなく恥ずかしいな……?!笑

まず最初の第一印象はそのまま『なんだこれ?』でした。

そして画家名を見て、聞いたことあるな…と思いながら解説を読み。さらに『なんだこれ…??』と謎が深まり。

そのままこの絵が最後まで、私の心を掴んでいました。

 

サルバドール・ダリ

私は芸術のあれこれを語れるような知識などは何も持っていませんが、この名前を、この日、しっかりと心に刻むことになりました。

 

reina-sofia13

サルバドール・ダリ『ヒトラーの謎』

これも絵でパッと興味をひかれ、解説を読んでみたらまたもダリの名前。うーーん、掴まれてる掴まれてる。笑

 

スポンサーリンク

『ソフィア王妃芸術センター』でサルバドール・ダリに心を鷲掴みにされた

私の『ソフィア王妃芸術センター』での鑑賞はこんな感じに終わりました。

ピカソの『ゲルニカ』との対峙はもちろん大きな目的であり、それ自体もとても心揺さぶられる時ではありました。

ありましたが、個人的にそれ以上の出会い。

 

『何かわからんけど、サルバドール・ダリがめっちゃ気になる!』

『ていうかダリの絵、めっちゃ好き!!』

こんなことがあるから、美術館って楽しいんですよね!

そんな個人的に思わぬ大収穫があった、マドリードの『ソフィア王妃芸術センター』での芸術鑑賞でした。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. ウユニ塩湖の有名ツアー会社、穂高ツアーの利用の仕方や料金などをまとめてみました
  2. マドリードのサン・ミゲル市場は美食の宝庫。女おひとり様でも心ゆくまでスペイングル…
  3. 『新月の夜の宇宙』ウユニ塩湖のスターライト、サンライズツアー
  4. 聴神経腫瘍摘出手術から、ちょうど1年。今だから言えることと、その今。
  5. 世界遺産マチュピチュ。天空の大都市遺跡へついにきた!

関連記事

  1. cafe-in-cusco

    ペルー

    たくさんあり過ぎて毎日幸せ!クスコのおすすめおしゃれカフェをまとめてご紹介します!

    南米はペルーの一都市、クスコ。意外に感じる人もたくさんいると思…

  2. kintaro1
  3. palacio-real-de-madrid4

    スペイン

    『マドリード王宮』と『プラド美術館』でマドリードを大満喫する

    さて、マドリード滞在もそろそろ終盤となってきました。ここらでそ…

  4. inka-express-tour

    ペルー

    クスコからプーノへの移動はインカエクスプレスの観光ツアーバスが快適で楽しい!

    長らく滞在したクスコから、本日いよいよ出発となります。次に向か…

  5. palenque3

    メキシコ

    メキシコのジャングルの中のマヤのピラミッド、パレンケ遺跡

    それでは、いよいよパレンケ遺跡の中へ入ります!&nbs…

  6. salar-de-uyuni4-1

    ボリビア

    『新月の夜の宇宙』ウユニ塩湖のスターライト、サンライズツアー

    2017年1月27日。この日は、月の満ち欠けの中でも、月が空に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



Booking.com

Facebookページ

最近の記事

  1. palacio-real-de-madrid4
  2. reina-sofia8
  3. sangines3
  4. mashroom
  5. mercado-de-san-miguel

アーカイブ

ご一読ください

  1. stop-the-return-of-scholar-ship

    手続き

    ワーホリ中の奨学金の返還を止めたい人は、『奨学金返還期限猶予願』を届け出ましょう…
  2. kokuho-nennkinn

    手続き

    ブラック企業を辞めた人へ。離職票が手もとになくても国民健康保険と国民年金に切り替…
  3. travel-wallet1

    ワーホリの持ち物

    abrAsus(アブラサス)の『旅行財布』の使い勝手が思った以上に素晴らしかった…
  4. earphones

    日常生活

    イヤホンチップをComply(コンプライ)製品に変えたら、とんでもなく幸せになっ…
  5. non-cleansing-beauty1

    日常生活

    肌断食をはじめてみたので、白色ワセリンとミネラルファンデ愛用中です
PAGE TOP