palenque3

メキシコ

メキシコのジャングルの中のマヤのピラミッド、パレンケ遺跡

それでは、いよいよパレンケ遺跡の中へ入ります!

 

パレンケ遺跡は、緑にかこまれたジャングルの中に突然現れる遺跡群が見られます。

これも日本では見られない、メキシコのマヤ文明ならではの遺跡で、素晴らしいものでしたよー。

 

スポンサーリンク

パレンケ遺跡をこころゆくまで堪能する!

palenque10

これがパレンケ遺跡のチケットです。

メキシコ国内の遺跡や博物館のチケット類は、デザインが統一されてるんですかね?以前に行った国立人類学博物館、そして今後訪れた遺跡でも、チケットはみんなこのタイプでした。

 

palenque11

palenque12

パレンケ遺跡の入場料は65ペソ(約370円)です。お手頃だ…。

入場口も、南国感というかジャングル感というかがあってよい感じですね!

 

遺跡までは、木々に囲まれた道をまっすぐに歩いていきます。

palenque13

palenque14

 

すると、いきなり見えるのがこのピラミッド!

palenque15

 

テオティワカン遺跡でも見た、石造りのまさにマヤのピラミッド!ちなみにこちらは碑文の神殿というそうです。

 

本当にジャングルの中に突然あらわれたー。

palenque16

palenque19

palenque20

みどりの中に現れる、遺跡群。

敷地がけっこう広いので、ここパレンケ遺跡は通路がたくさんあります。そこにはこんな光景も見られるんですよー。

palenque17

palenque18

こんな風に、お土産屋さんがずらーり。

 

palenque21

palenque22

palenque23

palenque24

palenque25

 

なぜこんなジャングルの中に、こんなに精密な石造りの都市が作られたのか。

当時の技術でここまでのものが作られたという不思議を、しみじみと考えます。

 

そしてここパレンケ遺跡は、丘の上にある遺跡からの眺めが素晴らしいと有名です。

今までのピラミッドでは上まで行かなかった私も、今回ばかりは頑張ってのぼってきましたよ!

palenque26

palenque27

palenque28

これが丘の上にあるピラミッド。

すでにここに来るまでにけっこうな坂道、いや山道を歩いてきたんだけども………これをのぼるのかぁ。

 

でも、のぼった後に見られた景色はやっぱり格別でした。

palenque3

 

しばらくは、この特等席で休憩しながら景色をながめていました。きれいに晴れた青空のもと、時々すーっと吹く風に癒されます。

そして、やっぱりこれら遺跡群のなりたちの不思議に、思いをはせます。

ゆっくり休憩したあとは、また入り口まで戻りつつ他の遺跡も見学しました。

 

palenque29

palenque30

palenque31

palenque32

palenque33

 

こうして入り口近くまで戻ってきて、最後に私は『赤の女王の石棺』を見てきました。

これは最初の碑文の神殿の横に建つ、神殿13の中におさめられています。

palenque35

この写真の右側にある、一回り小さな方が神殿13です。(大きい方は碑文の神殿)

 

palenque34

これが『赤の女王の石棺』。

赤の女王というのは一体誰なのか、いまもまだ解明されていないそうです。

 

スポンサーリンク

どんどん引き込まれるマヤ文明の遺跡の謎

palenque36

 

マヤ文明の遺跡たちは、ほとんどの謎が解明されていないものばかりです。

いったい誰が?何のためにこんなものを?どうしてこんなに高度な文明を持つ人々は滅んだのだろう?

本当に見学すればするほど、それらの謎にひきこまれていくんですよね。

 

そんな思いを抱きながら、帰路につきました。

palenque37

帰りは、このお土産屋さんが立ち並ぶ駐車場付近で、行きと同じくコレクティーボを捕まえます。

そうして再びパレンケの町へ戻り、そのまま次の町へ向かうため、その日の夜行バスに乗り込みました。

それでは、次の目的地であるメリダへ出発です!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 『新月の夜の宇宙』ウユニ塩湖のスターライト、サンライズツアー
  2. ユキコログ、リニューアルしました!これからはここが私の城です!
  3. ウユニ塩湖の有名ツアー会社、穂高ツアーの利用の仕方や料金などをまとめてみました
  4. 世界遺産マチュピチュ。天空の大都市遺跡へついにきた!
  5. マドリードのサン・ミゲル市場は美食の宝庫。女おひとり様でも心ゆくまでスペイングル…

関連記事

  1. seattle1

    アメリカ

    カナダのお隣、アメリカへ!2泊3日のシアトル旅行へ行ってきました!

    かれこれ2ヶ月ほど前、学校のお休みの関係で4連休があったんです。…

  2. titicaca-tour

    ペルー

    プーノから船でわたる、チチカカ湖ウロス島ツアーへ出発!

    プーノは、世界一の高地にあるチチカカ湖のほとりにあるペルーの小さな町で…

  3. chichen-itza1

    メキシコ

    カンクンからバスですぐ!チチェン・イッツァ遺跡へ行ってみた

    ぼっちでさみしい年越しをし、2017年を迎えたユキコです。その…

  4. inka-express-tour

    ペルー

    クスコからプーノへの移動はインカエクスプレスの観光ツアーバスが快適で楽しい!

    長らく滞在したクスコから、本日いよいよ出発となります。次に向か…

  5. merida1

    メキシコ

    小さくて雑多で、でもかわいい!メキシコ・ユカタン州の州都メリダ

    前回のブログで、パレンケ遺跡をこころゆくまで堪能したそのあと。…

  6. maras

    ペルー

    『マラスの塩田』と『モライ遺跡』はクスコから日帰りツアーで行けるおすすめの場所です

    クスコ滞在もそろそろ終盤となり、町歩きもさすがに…というようになってき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



Booking.com

Facebookページ

最近の記事

  1. reina-sofia8
  2. sangines3
  3. mashroom
  4. mercado-de-san-miguel
  5. madrid

アーカイブ

ご一読ください

  1. credit-card

    ワーホリ準備

    ユキコがワーホリに持っていくカードたち、3枚+1枚はこちら
  2. dmm-english-free-lesson

    ワーホリ準備

    DMM英会話の無料オンラインレッスンを、英会話の超初心者が試してみました!
  3. cambridge1

    ワーホリ準備

    ワーホリ前の英語学習。英文法参考書、これで頑張ってます!
  4. travel-wallet1

    ワーホリの持ち物

    abrAsus(アブラサス)の『旅行財布』の使い勝手が思った以上に素晴らしかった…
  5. stop-the-return-of-scholar-ship

    手続き

    ワーホリ中の奨学金の返還を止めたい人は、『奨学金返還期限猶予願』を届け出ましょう…
PAGE TOP