ビクトリアワーホリでCamosunに通ってみたいと思っている人へ。ある程度PCに慣れておかないとキツイかもしれません。

need-to-use-at-camosunカナダワーホリ

〈景品表示法に基づく表記〉本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

 

最近ありがたいことに、ワーホリについてのお問い合わせや質問をいただくことがあります。

そしてやっぱり一番多いのが、『CamosunのELDって実際のところどうなん?』という内容です。(こんな失礼な言い方で聞かれたことはありませんよ!笑)

本当にビクトリアの情報って少ないですよね……

特にこんな風にリアルタイムでの情報ってまったく見当たらない。

現地には日本人はたくさんいるのになぁ。(えぇ、本当にたくさんいますよ)

そんなわけで、今回は私が最近ちょっと思っていることをお伝えしておこうと思います。

 

スポンサーリンク

CamosunのELDは週に1度パソコンルームでの授業があります

以前にも何度かお伝えしたとおり、CamosunのELDはWriting&Reading、Speaking&Listeningの2つのクラスがあり、それぞれの授業を受けます。

 

そしてこの2つ、どちらも週に1度パソコンルーム(CamosunではLabと呼んでいます)での授業があるんですね。

これはどのレベルの授業であっても共通です。

ですが、授業内容は共通ではありません。

それぞれのレベル、そして先生によってLabでの授業内容は変わります。

ちなみに私は木曜日がどちらのクラスもLabでの授業の日で、この日は1日Labで授業を受けています。

Speaking&ListeningクラスのLabの授業内容は?

あるレベルのSpeaking&Listeningクラスは、ヘッドセットを使いリスニング、そして自分の話す音声をパソコンに録音して自分で聞く、ということをしているそうです。

このクラスでは録音という作業があるので、マイクつきのヘッドセットの購入が必要だったとのことです。

私のSpeaking&Listeningクラスでは、今のところマイクが必要な授業はしていません。

それでもリスニング教材を聞く作業は毎回しているので、イヤフォンは必須です。

あと私たちのクラスは、あるサイトに会員登録をしてそこで毎週更新される宿題をしなければなりません。

Writing&ReadingクラスのLabの授業内容は?

Writing&Readingクラスの方では、主にメールでの文書作成の練習や、他にはインターネットリサーチをしています。

先生が指定するページを開き、内容を読み要約し、配られらたプリントに書かれた設問を解く、というようなことをしています。

そうそう、普段は手書きがほとんどですが、時々ワードファイルを添付したメールを先生に送ることで宿題を提出することもあります。

パソコンになじみがない人って、実際どれくらい?

……と、こんな感じのことをしているんですが、普段パソコンになじみのない人は本当に大変そうなんですよね。

まず、指定のURLを打ち込むことからとまどっている人もいます。会員登録したサイトを再び開くのに手こずる人もいます。大文字や小文字の打ち方がわからない人もいました。

ユーザーIDとパスワードの違いが定かでなく、自分しか知らないパスワードの入力欄を示して『ここ、何て入れるの?!』という人もいます。(ごめんよ、それはあなたにしかわからないことだよ…!)

メール作成も苦手な人がたくさんいますね。

ファイルの添付のやり方がわからない、そもそも添付ファイルって何?という人も。

どうでしょう。

今こうして私のブログを読んでくださっている人には、あんまりピンとこないかも知れませんね。

だって、すでにこのブログページに問題なくたどりつくことができているんですもん。

でも、思っている以上にパソコンが苦手な人ってたくさんいるんですよ。

少しでもパソコンに対する苦手意識はなくしておいた方がいい

そもそもCamosunは、履修登録やその他必要な申請はすべてパソコンを使って手続きを進めます

学校からの正式な連絡も、最初に登録した学生個々のメールアドレスに届きます。

何はなくともメール

そしてそのやりとりはスマホからもできますが、パソコンがあった方が何かと便利です。

ちなみに先ほど書いた私のSpeaking&Listeningクラスのオンライン上の宿題は、パソコンからでないと開けません。

Camosunではもうパソコンは必須のものと言った方がいいかもしれません。

もちろん構内には図書館があり、学生が自由に使えるパソコンはたくさん設置されているので、個人での所有は強制ではありません。

でも、やっぱり自宅で作業や宿題をすることを考えると、自分のパソコンはあった方がいいと思います。

そして少しでもパソコンを扱うことに慣れておいた方がいいです。

インターネットで自分が知りたいことを調べられて、そして簡単な文書は打てるくらいになっていた方がいいでしょう。

英語とはまったく関係ないところですが、だからこそ、このあたりでつまづくのは本当にもったいないですよね!

というわけで、もしCamosunのELDコースに通ってみたいと思っている人がいましたら、今から少しでもパソコンを触って慣れておくことをオススメします!

 

ワーホリの心配事は、まずは無料エージェントへ相談してみましょう!

格安の長期留学・ワーホリなら|夢カナ留学

コメント

タイトルとURLをコピーしました