fishermans-wharf1

カナダワーホリ

カラフルかわいいFisherman’s Wharf(フィッシャーマンズワーフ)は写真を撮るのがとっても楽しい!

ある晴れた週末、Fisherman’s Wharf(フィッシャーマンズワーフ)というところに行ってきました。

ここは海の上にあるカラフルな住宅が目に楽しい、ビクトリアの観光名所です。他にも有名なフィッシュ&チップスやジェラートのお店があったり、ふらりと散歩に訪れるのには最高の場所。

何よりここ、写真を撮るのがすっごく楽しい場所だったんですよ!

 

スポンサーリンク

Fisherman’s Wharf(フィッシャーマンズワーフ)で女ひとり散歩

まずは恒例の場所のおさらい。Fisherman’s Wharfの場所はこちらです。

この地図だと見切れていますが、少し東の方向に動かしていただくとビクトリアのダウンタウンがあります。

ダウンタウンからだと30番や31番のバスで15分ほどで到着します。バスを降りたら、すぐ近くに海と建物が密集した場所が見えるので、そこに向かって歩きます。

 

fishermans-wharf2

fishermans-wharf3

ちょっとダウンタウンのインナーハーバーにも似た風景。

本当に晴れた日のビクトリアは気持ちがいいです。白い船たちとのコントラストがまた素敵。

それでは散策してみましょー。

 

fishermans-wharf4

これから歩くところは、全て一般の方が普通に住んでいる住宅の前です。

いくら観光用にひらけているとはいえ、迷惑にならないように、騒ぎ過ぎることのないように、という注意書きがありました。

 

fishermans-wharf5

fishermans-wharf6

fishermans-wharf7

fishermans-wharf8

 

どうですこの感じ。

特に女性のみなさんは心ときめく風景なんではないでしょうか!!

本当に一軒一軒がカラフルでかわいくて、どれだけ見ていてもあきません。

 

fishermans-wharf9

fishermans-wharf10

fishermans-wharf11

fishermans-wharf12

こんな感じで、写真をパッシャパッシャと撮りまくり。楽しかった…!

 

歩きまわったら小腹がすいてきたので、ここらで有名なフィッシュ&チップスのお店、Barb’s Fish and Chipsというお店ごはんにしましょう。

このお店は冬の間は営業を休止していて、例年だいたい3月頃より営業を再開されているようです。

 

fishermans-wharf13

お店の前の様子。

このカウンターで注文をして呼び出しのベルをもらい、できあがりを待ちます。

 

fishermans-wharf14

そしてこちらが注文の品!

フィッシュは1ピースか2ピースかを選べます。奥の白いソースはただのマヨネーズではなく、お店特製のタルタルソース。コールスローも特製です。

今回私は1ピースで注文をして、お値段は$10.95でした。ちなみに2ピースだと$3増しです。

……2ピースの方が断然お得じゃん!と思うでしょ?

断言しておきます。

特に女性。ひとりで2ピースを頼んだら後悔しますよ。笑

このフィッシュ、本当にとっても大きいです。そしてその下のポテトもものすごい量が隠れています。私は食べきれず、ポテトを半分くらいは残しました。

たぶん女性だったら、2ピースのフィッシュ&チップス(ポテトは1人分)を注文して、それを二人でシェアするくらいでちょうどいいんじゃないかと思います。それでもおなかいっぱいになれますよ!

味はすっごくおいしかったです!!

フィッシュの衣はサックサク。身もほろっとしていてやわらかく、かじると崩れてしまうほどです。

そして特製のタルタルソースもハーブがきいていてたまりません。ケチャップももらいましたが、私はこのタルタルソースでポテトも食べちゃいました。

コールスローにはセロリとりんごも入っていて、ひょっとしたら好き嫌いが別れる味かもしれません。セロリが苦手な人にはつらいかなぁ。

ぜひぜひおなかをすかせて堪能してほしい。

本当においしかったですよ!

 

そのあとはもう一度、ふらりと散歩。

fishermans-wharf15

fishermans-wharf16

えっ?笑

 

スポンサーリンク

ふらり散歩には最高の場所でした!

fishermans-wharf17

アザラシにごはんをあげられるところもありますよ!

 

というわけで、とても楽しい散歩ができました。

広さはそこまでではなく、カメラを片手に思うままに写真を撮り歩いても、3時間ほどもあれば一通り見られてしまえるくらいです。

ダウンタウンからの距離もそんなに遠くなく、晴れた日にぶらりと散歩に向かうのにぴったりの場所だと思います。

こんな感じで、Fisherman’s Wharfでのぶらり散歩でした!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 世界遺産マチュピチュ。天空の大都市遺跡へついにきた!
  2. ユキコログ、リニューアルしました!これからはここが私の城です!
  3. マドリードのサン・ミゲル市場は美食の宝庫。女おひとり様でも心ゆくまでスペイングル…
  4. 聴神経腫瘍摘出手術から、ちょうど1年。今だから言えることと、その今。
  5. ウユニ塩湖の有名ツアー会社、穂高ツアーの利用の仕方や料金などをまとめてみました

関連記事

  1. ferris1

    カナダワーホリ

    牡蠣(カキ)好きにはたまらない…!ビクトリアの超おすすめオイスターバー、Ferris’(…

    みなさま、貝はお好きですか。というより、牡蠣(カキ)はお好きで…

  2. waffles-in-victoria1
  3. baan-thai1

    カナダワーホリ

    ビクトリアでおいしいタイ料理。Baan Thai Restaurant(バーンタイレストラン)のパッ…

    ビクトリアは日本食レストランが非常にたくさんありますが、それに次いで多…

  4. night-market-in-sidney1

    カナダワーホリ

    ビクトリアの夏の夜は、シドニーのナイトマーケットへ行こう!

    先日に日帰りで行って大のお気に入りの町になった、ビクトリア国際空港のお…

  5. talk-to-foreigner

    カナダワーホリ

    生まれ育った環境が違う人たちと話すこと。こんなに違うのか、と思うこと。

    鋼の心が必要だなぁって、この週末に思ったんです。笑なぜならば。…

  6. happy-pride-day1

    カナダワーホリ

    『Happy Pride!!』ビクトリアにレインボーがあふれる1日。

    先日ね、詳細は伏せますが、もうすぐカナダへ行く、もしくはちょうどカナダ…

コメント

    • you*
    • 2016年 3月 29日

    このコ達はアザラシちゃんじゃないでしょうか(笑)
    天気も良いし素敵ですね~!
    建物も可愛くてお散歩楽しそう♪
    これから最高の季節がきますね☆
    ビクトリアのこういう所に惹かれます(*^_^*)
    カナダは野生動物にたくさん遇えるのもいい!
    とは言え、散々迷いながらも私はやっぱり欧州大好きなのでビクトリアは候補から外しちゃったんですが(^_^;)
    いつか旅行で訪れたいです。
    留学先は違っちゃいますがユキコさんのブログはこれからも楽しみにしています(*^_^*)
    実際飛ぶまで、素敵な写真見ながら妄想トリップさせて頂きます(笑)

    • yukikolog
    • 2016年 3月 30日

    >you*さん
    きゃーーー!!そうですね、アザラシです!
    教えていただきありがとうございます。謹んで訂正させていただきます!笑
    欧州大好きならビクトリアの町にぜひ遊びにきてくださいー!イギリス調のロイヤルな建物もたくさんあるので、きっと楽しんでいただけると思いますよ!
    はい、ぜひ妄想トリップのおともに♪これからもよろしくお願いします!

  1. この記事へのトラックバックはありません。



Booking.com

Facebookページ

最近の記事

  1. reina-sofia8
  2. sangines3
  3. mashroom
  4. mercado-de-san-miguel
  5. madrid

アーカイブ

ご一読ください

  1. kokuho-nennkinn

    手続き

    ブラック企業を辞めた人へ。離職票が手もとになくても国民健康保険と国民年金に切り替…
  2. stop-the-return-of-scholar-ship

    手続き

    ワーホリ中の奨学金の返還を止めたい人は、『奨学金返還期限猶予願』を届け出ましょう…
  3. non-cleansing-beauty1

    日常生活

    肌断食をはじめてみたので、白色ワセリンとミネラルファンデ愛用中です
  4. english-dictionary

    ワーホリ準備

    英語学習に必要不可欠なあれは、こちらを参考にして買いました
  5. cambridge1

    ワーホリ準備

    ワーホリ前の英語学習。英文法参考書、これで頑張ってます!
PAGE TOP