inka-express-tour

ペルー

クスコからプーノへの移動はインカエクスプレスの観光ツアーバスが快適で楽しい!

長らく滞在したクスコから、本日いよいよ出発となります。

次に向かうのは、世界一高い場所にある湖、チチカカ湖のほとりにあるプーノという町です。

この町はペルーの隣国であるボリビアとの国境近くにある町で、国境越えのバスもここからたくさん出ています。有名なチチカカ湖のほとりであるので、単独での観光地としての人気も高い場所。

私はこのプーノへまっすぐ向かうのではなく、観光しながら移動できるツアーバスを利用してきました。

 

スポンサーリンク

インカエクスプレスの観光バスツアーを利用して、クスコからプーノへ!

さて今回私が利用したのは、『インカエクスプレス』という観光バスツアーです。

inka-express1

クスコを朝の7時頃に出発、途中いくつかの観光地とランチ休憩のためのレストランへ寄り、当日中の17時くらいにプーノへ到着するというこのバスツアーは、この近辺ではけっこう人気のあるツアーのようです。

インカエクスプレスだけでなく他にもいくつか催行している旅行会社はありますが、どれもだいたい金額や行程は一緒なので、特に吟味する必要はないと思います。

 

inka-express2

インカエクスプレスのバス車内は、このように座席はとっても広々。車内では何回かドリンクが配られたり、もちろんトイレも完備となかなかに快適です。ガイドさんからの各観光地での解説も、スペイン語と英語のみですがきちんとしてもらえます。

私が利用したこのツアーの埋まり具合は3分の1くらいでした。ツアーの予約の際に座席を予約するという形だったんですが、車内で添乗員さんに申告すれば自由に席を変えてもらうことができました。

 

to-titcaca-puno1

to-titicaca-puno2

クスコの車窓からは、こういった山道がひたすら続きます。

 

to-titicaca-puno3

途中に立ち寄った、内装がとても美しい小さな教会です。海外の観光地には珍しく撮影NGだったので写真はありません。

 

to-titicaca-puno4

to-titicaca-puno5

ここはまた別の教会近くの川。

特に説明なんかはなかったのでどういった場所なのかはわかりませんが、見た感じこれもインカの石組みなのかな?

インカの神殿遺跡『ラクチ遺跡』

協会を見終えたあとは、バスは1時間ほど走り『ラクチ遺跡』へ向かいます。

ここはかつて神殿があったという遺跡だそうで、現在はそのほんの一部が残っているとのこと。

 

rapchi1

raqchi2

ゲートの横にはこのように芝生が広がり、牛が優雅に草をはんでおります。田舎だな…。

 

raqchi3

そしてこちらがかつての神殿の一部だったもの。

神殿の中心の大きな壁だったようです。今はでも、他のものは何も残っていません。

 

raqchi4

このように、まわりは本当に何もない。

 

raqchi5

裏側から。

 

raqchi6

raqchi7

raqchi8

周囲を少し散策する時間がありました。

 

raqchi9

おはな!

このあと、途中のレストランでランチ休憩。内容はバイキングです。

世界最高地にある『ララヤ峠』

ランチのあとに向かった場所は『ララヤ峠』という場所でした。

ここは何があるという場所ではないですが、何と標高4335メートル!と世界一高い場所にある駅(駅?)だそうです。

 

la-raya1

そんなようなことを書いてある標識。

ちなみにここ、高地であるためか風もとても強くめっちゃ寒いです。ダウン必須。ぶるぶる。

 

la-raya2

la-raya3

お天気がイマイチだったのが残念!きっと晴れていたら、あの湖もとってもキレイだったんだろうなぁ。

周囲にはお土産が売られている露店が出ていました。ここのみんなはいったいどこに住んでいる人たちなんだろ?

 

そうして、また山道をブイーンと走り……

to-titicaca-puno6

リャマ?アルパカ?の牧場を横目に。

 

to-titicaca-puno7

チチカカ湖のほとり、プーノに到着です!

ただ移動するだけではもったいない!なかなか楽しいバスツアーでした

こうしてプーノに着いたのは夕方の17時をまわったくらいです。

だいたい10時間ほどのバス旅となりましたが、道中はわりとちょこちょこバスを降りて観光する時間があり、退屈することはありませんでした。

もちろん、こういった観光は一切なしの普通の都市間バスも運行しているこのクスコ~プーノ間ではありますが、個人的にはこのバスツアーの満足度はかなり高いです!

以上、インカエクスプレスの観光ツアーバスがおすすめ!というお話でした。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 『新月の夜の宇宙』ウユニ塩湖のスターライト、サンライズツアー
  2. 世界遺産マチュピチュ。天空の大都市遺跡へついにきた!
  3. ユキコログ、リニューアルしました!これからはここが私の城です!
  4. ウユニ塩湖の有名ツアー会社、穂高ツアーの利用の仕方や料金などをまとめてみました

関連記事

  1. uyuni

    ボリビア

    ウユニの町をぶらり散歩してみたらこんな感じだったよ

    今回私は、ウユニの町に合計で6日間滞在していました。この間はウ…

  2. grand-canyon1

    アメリカ

    日本語ツアーを利用して、ついに憧れだったグランドキャニオンへ!!

    ラスベガス滞在1日目は、シルクドソレイユのショーで大満足した私。…

  3. merida1

    メキシコ

    小さくて雑多で、でもかわいい!メキシコ・ユカタン州の州都メリダ

    前回のブログで、パレンケ遺跡をこころゆくまで堪能したそのあと。…

  4. big-city-in-las-vegas1

    アメリカ

    大都会!ラスベガス!!すごい!!の連続でした!!

    明けましておめでとうございます。とはいえ、…

  5. lapaz

    ボリビア

    ボリビアの首都ラパスは大きなすり鉢状の町並みが不思議な場所でした。

    ボリビアはウユニにたっぷり1週間以上は滞在し、ウユニ塩湖を心ゆくまで堪…

  6. salar-de-uyuni4-1

    ボリビア

    『新月の夜の宇宙』ウユニ塩湖のスターライト、サンライズツアー

    2017年1月27日。この日は、月の満ち欠けの中でも、月が空に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



Booking.com

Facebookページ

最近の記事

  1. lapaz
  2. cherry-in-kyoto
  3. chicken
  4. uyuni
  5. hodaka-tour

アーカイブ

ご一読ください

  1. travel-wallet1

    ワーホリの持ち物

    abrAsus(アブラサス)の『旅行財布』の使い勝手が思った以上に素晴らしかった…
  2. credit-card

    ワーホリ準備

    ユキコがワーホリに持っていくカードたち、3枚+1枚はこちら
  3. english-dictionary

    ワーホリ準備

    英語学習に必要不可欠なあれは、こちらを参考にして買いました
  4. stop-the-return-of-scholar-ship

    手続き

    ワーホリ中の奨学金の返還を止めたい人は、『奨学金返還期限猶予願』を届け出ましょう…
  5. cambridge1

    ワーホリ準備

    ワーホリ前の英語学習。英文法参考書、これで頑張ってます!
PAGE TOP