titicaca-tour

ペルー

プーノから船でわたる、チチカカ湖ウロス島ツアーへ出発!

プーノは、世界一の高地にあるチチカカ湖のほとりにあるペルーの小さな町です。

そこではやはり、チチカカ湖関連の観光がとってもさかんで、中でも湖上のいくつかの島への上陸ツアーが有名です。

今回は私もそのツアーに参加し、チチカカ湖上のウロス島へ行ってきました!

 

スポンサーリンク

プーノから船で上陸する、ウロス島ツアーへ行ってきた

繰り返しになりますが、さて今回向かいましたのは、チチカカ湖上のウロス島です。

地図上には、ウロス島というのは存在しません。

なぜならこの島は陸地ではなく、水上に草木をしきつめ浮遊している島なんですよね。そう、湖の上にふわふわと浮いている浮草なんです。

 

プーノからはこんな感じの小さめな舟で向かいます。時間はざっと15分くらいでしょうか。

titicaca-tour1

titicaca-tour2

小さい舟なので、水面がめっちゃ近い!

でも海のように激しい波はないので、少し揺れはしますが穏やかな船旅。

 

titicaca-tour3

そんなこんなで、あっという間にウロス島へ上陸です!

 

titicaca-tour4

私が参加したツアーでは、島のなりたちやそれぞれの住まいのことなど、かるーいレクチャーをしてもらいました。

 

titicaca-tour5

その横では原住民(っていうのも何か変な感じ…)の女性が、伝統的な織物をしています。まわりにたくさん布が散っていますが、これらは後にお土産ものとして売られます。

 

titicaca-tour6

そんな軽いレクチャーのあとは、それぞれの原住民の方の家にツアー参加者が何名かずつに分かれて呼ばれ、家の中で家主の方とのお話タイム。え、これ何?

これ一切説明なしで、いきなり適当にメンバーも何もかも割り振られますからね。知り合い同士で来ている人はいいけども、私のような一人旅にはけっこうなあれだったです。笑

おうちの中はベッドがあって、きれいなお土産用の布が飾られていて。正直、生活感のようなものはあまりなかったです。

ていうより、今回のツアーで見せる原住民のみなさんが完全によそ行き用というかうわべの外側だけというか、何ていうか……。ほんの少しもんやりとしたのも、また事実でした。

まぁ、当たり前といえば当たり前なのも、わかってるんだけどさ…。

 

titicaca-tour7

そんな強制家庭訪問が終わったあとは、追加で料金を支払ってこちらのボートに乗ることに。

 

titicaca-tour8

このボート、現地の方の手漕ぎで進みます。

 

うおーーーーー空が近ーーい!

 

あっ、現地の親子!

こちらはモーターボートでブイーーンと島と島の間を移動していました。あとは漁のようなこともしていたのかな?

正直、できたらこういう姿を、もっとたくさん見てみたかった、な。

 

titicaca-tour11

とはいえゆっくりと進むボートの上から見るチチカカ湖とこの青空は、とっても気持ちよかったです。

 

ただいまーー!!

ボート旅が終わったあとは、また別の島へ移動します。

その際は原住民のみなさんが並んで、ウロスの民のお別れの歌をプレゼントしてくれました。手を振って見送ってくれて、こちらも手を振ってお別れ。

彼らにとって、私たちツアー客はどんな存在なんだろうか、なんて。思ったりしながら。

 

そして、次の島!

こちらの島は住居などは何もなく、何だろう…写真を撮るところ?笑

 

この草がウロス島の陸地。

トトラといいます。最初のレクチャータイムで、ツアー客に『かじってごらーん!』と1本を配られたんですが、味はほんのり甘いようです。あ、私は…遠慮しました。笑

この島には小さなカフェのような商店のようなお店があったので、欧米さんたちはそちらで休憩している人が多かったです。

この島でしばしの時間を過ごし、お昼過ぎにツアーは終了しました。

ウロス島ツアー、終了です

こんな感じで、午前中で全てのツアーは終了しました。

他にもタキーレ島という、こちらは正真正銘のチチカカ湖上の島へも上陸できるツアーもあるのですが、私は今回はこちらはやめておきました。

 

 

チチカカ湖上から見たプーノ。

何となく、本当に個人的に何となく!もやっとした気持ちも残ったウロス島上陸でしたが、この景色は本当にきれいで大好きでした。

本当はね、ツアーで表面的なことをサラッと見るだけでなく、もっとちゃんと…、

あぁダメだ、言葉がうまく見つからない!

そんな時は、いったんこの思いは胸に置いておくことにして。

 

それでは、この日はまたゆっくりプーノの町に1泊して、明日はいよいよボリビアです!

人生初の、陸路での国境越えだ!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 『新月の夜の宇宙』ウユニ塩湖のスターライト、サンライズツアー
  2. ウユニ塩湖の有名ツアー会社、穂高ツアーの利用の仕方や料金などをまとめてみました
  3. 世界遺産マチュピチュ。天空の大都市遺跡へついにきた!
  4. ユキコログ、リニューアルしました!これからはここが私の城です!

関連記事

  1. space-needle1

    アメリカ

    Chihuly Garden & Glass(チフーリガーデン&ガラス)とSpace Nee…

    Pike Place Marketをぶらり散歩したあとは、次なる有名な…

  2. cancun-hotel-zone1

    メキシコ

    カンクンのホテルゾーンを優雅に散歩して、次の場所へ向かいます!

    明日の飛行機のチケットを取り、カンクン最後の自由な日となったこの日。…

  3. playa-del-caemen1

    メキシコ

    カンクンからもほど近い、プラヤ・デル・カルメンへ日帰り観光に行ってきた

    突然の告白ですが、カンクンに着いてからというもの、なぜかずっとお腹の調…

  4. vasconcelos1

    メキシコ

    まるでSF。メキシコシティのヴァスコンセロス図書館が美しすぎた!

    カンクンからメキシコシティに戻り、次の飛行機は2日後。本来はた…

  5. organika6

    ペルー

    クスコの『Pucara』(プカラ)、『Organika』は超おすすめレストランなので絶対行って!!

    本日もクスコのおすすめレストランのご紹介ですー。今回は2店舗、…

  6. merida1

    メキシコ

    小さくて雑多で、でもかわいい!メキシコ・ユカタン州の州都メリダ

    前回のブログで、パレンケ遺跡をこころゆくまで堪能したそのあと。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



Booking.com

Facebookページ

最近の記事

  1. lapaz
  2. cherry-in-kyoto
  3. chicken
  4. uyuni
  5. hodaka-tour

アーカイブ

ご一読ください

  1. travel-wallet1

    ワーホリの持ち物

    abrAsus(アブラサス)の『旅行財布』の使い勝手が思った以上に素晴らしかった…
  2. kokuho-nennkinn

    手続き

    ブラック企業を辞めた人へ。離職票が手もとになくても国民健康保険と国民年金に切り替…
  3. cambridge1

    ワーホリ準備

    ワーホリ前の英語学習。英文法参考書、これで頑張ってます!
  4. english-dictionary

    ワーホリ準備

    英語学習に必要不可欠なあれは、こちらを参考にして買いました
  5. non-cleansing-beauty1

    日常生活

    肌断食をはじめてみたので、白色ワセリンとミネラルファンデ愛用中です
PAGE TOP