photo-backup

ワーホリ準備

写真データのバックアップはGoogleフォトとFlickrだけの予定です

写真や画像データのバックアップって悩みますよね。

特に今回ワーホリに行くにあたって、写真のデータは絶対に残しておきたい大事なもの

いちばんオーソドックスなのが、SDカードや外付けのHDDに保存する方法です。私もSDカードはすでにいくつか持っているので、ワーホリにもそれらを持っていく予定にしています。

でも。

HDDを今から買おうとすると、お金、かかりません?(お金のことばっかりだなぁオイ)

それに、SDカードにせよHDDにせよ、それらのハード機器そのものが壊れてしまった時にはどうしようもなくなってしまいますよね。そういう意味でも、リスクを分散させておきたいなあと思うんです。

私の持つデータにそれほどの価値はないかもしれないけど、撮りためた写真やそれらにこめられた思い出は何ものにも代えられないですし。

 

スポンサーリンク

写真データのバックアップにオンラインストレージを利用する

というわけで、私はオンラインストレージにバックアップをとっておこうと考えました。

オンラインストレージというのは、いわばインターネット上の仮想空間。手もとのハード機器とオンラインストレージとどちらにもバックアップを置いておけば、どちらかを誤って消してしまったり、データが飛んでしまったりしても大丈夫じゃないかと思ったんです。

そこで私は、2つのオンラインストレージサービスを利用することにしました。

Googleフォト

まず1つ目はGoogleフォトです。

Google フォト - 写真や動画を保管

Google フォト – 写真や動画を保管
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

(アプリの画像がなぜか呼び出せない…すみません!)

これは、以前はGoogle+というSNSの機能の一部でした。 Androidスマホを使っているなら、絶対に見たことがあるアプリだと思います。

私は主にスマホで撮影した写真は以前のGoogle+へ、Wi-Fi環境時の自動バックアップを設定していました。もちろん非公開でのアップロード設定も可能なので、その設定で私も利用しています。

今回このGoogle+からフォトが独立し、ひとつの別のアプリになったとGoogleから発表がありました。

このGogleフォトというアプリには厳密には容量制限がありますが、一定の条件下においては、何と無制限で利用可能なんです!

google-photo

このように、アップロードサイズで『高画質』を選択しておくだけ。表示されているとおり、これなら無制限の無料ストレージにデータの保存が可能!

今までGoogle+内の機能で保存していた人は、改めてGoogleフォトアプリをダウンロードして同じGoogleアカウントでログインすれば、データは引き継がれます。

すごい!

Googleさん、めっちゃ太っ腹!

Flickr(フリッカー)

2つ目はFlickr(読み方:フリッカー)を利用しています。

こちらもオンラインストレージサービスのひとつです。ただ、Flickrは単なるストレージサービスというよりも、どちらかというとSNSに近いサービスだと思います。

参考:Flickr

こちらのFlickr、何と無料で1TBの容量が使えるのが最大の魅力です!1TBもあれば、普通に使うぶんにはほぼ無制限といってもいいぐらいじゃないでしょうか?

先ほどのGoogleフォトでは、やっぱりリサイズしてしまうことでオリジナルのデータを残すことが難しいです。なので私は主にデジカメで撮った写真はFlickrにバックアップをとるようにしています。

ただし、Flickrを利用するには、会員登録する必要があります。しかもこの会員登録にはアメリカのYahooに登録することが必要なので、そこだけ少しハードルが高いかな…と思います。なぜか電話番号の登録が必須なんですよね。そしてアメリカのYahooが提供しているサービスなので、サイト内は全て英語。

でもFlickrの使い方を説明してくれているサイトはたくさんあるので、そういったところを参考にすれば利用するのはそんなに難しくないと思います。

他の人のおしゃれな写真がたくさんみられるのもポイント高いです!

 

スポンサーリンク

自分にあったバックアップ方法を見つけよう

こんな感じで、私はこれらの2つのオンラインストレージサービスを利用して写真のバックアップをとるようにしています。

この他にも様々なオンラインストレージサービスがあるので、自分に合ったサービスを探して見つけるのもいいんじゃないかなと思います。

私はAndroidスマホ利用者なので、まずiPhone向けのサービスは使うことができません。そういったことも考慮して、上の2つを選びました。

iPhoneならさらにこの他にもいろいろとサービスがあると思いますし、このブログは参考程度でもいいかも知れないですねiCloudとか、Androidスマホにはないものがいっぱいありますよね!いいな!

何かおすすめの方法があれば、また教えてもらえると嬉しいです!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. ユキコログ、リニューアルしました!これからはここが私の城です!
  2. 『新月の夜の宇宙』ウユニ塩湖のスターライト、サンライズツアー
  3. ウユニ塩湖の有名ツアー会社、穂高ツアーの利用の仕方や料金などをまとめてみました
  4. 世界遺産マチュピチュ。天空の大都市遺跡へついにきた!
  5. マドリードのサン・ミゲル市場は美食の宝庫。女おひとり様でも心ゆくまでスペイングル…

関連記事

  1. dog

    ワーホリ準備

    カナダワーホリビザ2015申請中にあれっ?と思ったこといくつかまとめ

    さて、無事にワーホリビザの最終許可が下りました。喜びでいっぱい…

  2. home-stay

    ワーホリ準備

    ワーホリ、ついにホームステイ先が決まっちゃったみたいです!

    先日、何気なくメールアプリを開いてみたら、エージェントさんからのメール…

  3. change-to-workingholiday-visa

    ワーホリ準備

    観光ビザでの入国、からのワーホリビザへの切り替えってどうなんだろう?

    先日、私はワーキングホリデー協会さんの初心者セミナーに参加しました。…

  4. talk-about-workingholiday

    ワーホリ準備

    『ワーホリに行きたい!』友だちに初めて伝えたその時に私がもらったもの

    『ワーホリに行きたい!』という気持ちや決意。自分の中では決まっ…

  5. day-going-to-canada

    ワーホリ準備

    航空券購入完了につき、渡航日決まりました!カナダワーホリ開始日が決まったよ!

    今日はお知らせだけさせてください!先日、カナダビクトリア行きの…

  6. english-dictionary

    ワーホリ準備

    英語学習に必要不可欠なあれは、こちらを参考にして買いました

    英語の勉強に欠かせないものといえば、英和辞書ですよね。それに加えて和英…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



Booking.com

最近の記事

  1. palacio-real-de-madrid4
  2. reina-sofia8
  3. sangines3
  4. mashroom
  5. mercado-de-san-miguel

アーカイブ

ご一読ください

  1. earphones

    日常生活

    イヤホンチップをComply(コンプライ)製品に変えたら、とんでもなく幸せになっ…
  2. travel-wallet1

    ワーホリの持ち物

    abrAsus(アブラサス)の『旅行財布』の使い勝手が思った以上に素晴らしかった…
  3. kokuho-nennkinn

    手続き

    ブラック企業を辞めた人へ。離職票が手もとになくても国民健康保険と国民年金に切り替…
  4. cambridge1

    ワーホリ準備

    ワーホリ前の英語学習。英文法参考書、これで頑張ってます!
  5. dmm-english-free-lesson

    ワーホリ準備

    DMM英会話の無料オンラインレッスンを、英会話の超初心者が試してみました!
PAGE TOP