memory-about-running-away

考察、思うこと

逃げてしまった記憶はずっと先まで残るものだから、今を精一杯やることが大事なんだとわかった

先日もお話をしましたが、私は中高と吹奏楽部でした。

 

ついでと言ってはなんですが私、中高ともに部長なんかを任せてもらったんですね。

その時のことを思い出したんです。特に思い出したのは高校の頃のこと。

記録としてはいいものを残せたと思うのですが、記憶としては今でも苦ーい思い出を。

 

スポンサーリンク

あの時に逃げた記憶が今でもしっかり焼き付いている

私が部長を任された時は、部員数は全員で56名でした。

知ってます?吹奏楽部って想像の通り女の子がほとんどなんですが、さらにそのほとんどがそれはもう気が強い女の子の集まりだってこと。笑

たぶん、うちだけではないと思いますよ。それぞれがしっかり自尊心が強くて、プライドを持った子たちの集まり。

しかもそのメンバーで合奏をして、ひとつの音楽を作り上げるんです。なかなかの環境ですよ。

そんな中、私は部長とはいえ、実力でみんなをだまらせるタイプではありませんでした。子どもながら日々プレッシャーを感じていたことを今でも覚えています。

練習の中でも、特に私は合奏練習が苦手でした。

全員が一堂に会するので、練習不足やパートごとの連携不足が一発でわかる場所。時には一人で吹かされたり、その結果そのフレーズはお前は吹くな、と言われることもあります。

以前にも言いましたが、そこそこ楽器を吹いていると、それぞれの音が合っていないのって一発でわかるようになります。

高校生活最後の夏のコンクールで……

そして迎えた高校最後のコンクール。

私たちは高校A編成という部門で参加しました。A編成とは55名以下の編成で、12分間で課題曲と自由曲を演奏する部門です。

私はその12分間の中、ある部分で吹きマネをしました。

曲の全てではありませんし、今となってはどこでしたかも定かではありません。でも、私は間違いなく12分間の舞台で全力を出し切ったとはいえないことをしました。

その年のコンクールの結果は、最終的には関西大会まで進みました。私たちの学校が関西大会以上まで進んだのは、何十年ぶりのことでした。

私たちの代(部活って絶対こう言いますよね)は、素晴らしい記録を残して引退できたんです。それは本当に素晴らしいことだし、胸をはれることです。

でも私は、心から喜べませんでした。

当然ですね。

今となっては母校の吹奏楽部はさらに成長していて、部員数も当時の倍ほどの人数となっています。そしてコンクールの方でも素晴らしい結果を毎年残しています。

おそらく、私たちは今世代の土台となれるような世代だったんだと思います。

ただ、私個人としてはそう胸をはって言えないんです。だって当時の私は、つらいこと、しんどいことから逃げたから。

最後のコンクールでさえ、吹きマネをした自分。12分間の舞台全てを全力を出し切ったといえないことをしたんです。

関西大会へ行けたけど、それ自体は本当にすごいことだけど、心から喜べなかった。

もっと楽しい思い出ばかりが残ったらいいのに、今思うとそんなことばかり思い出します。それだけ私の中には、この時の自分の逃げが大きく残っているんですね。

こんな思いはもうしたくない!

当時の自分は、実力で部員を従えるタイプではありませんでした。他の子たちの方がうまいと思っていたし、何で私が部長なんかやってるんだろうとまで思っていました。

そしてその当時の自分が選んだのは、逃げること。やれることをやらずに、ただラクな方へ逃げました。

それこそ、自分の実力が足りないのであれば、もっと練習をすればよかったんです。他の誰にも負けないと思えるくらい、打ち込んでやればよかった

でも私は、それをしなかったんです。

それをやるとしんどいことはわかっていましたし、何よりきっと、自分の実力はここまでだと、はっきり知るのが怖かったんだと思います。きっと、『まだ本気を出してないだけ』という言い訳ができなくなるのが怖かったんですね。ダサいなぁ。

その選択が、10年以上たった今でも自分の心の中でチクチクと残るとも知らずに。

本当に心から思います。

こんな思いはもう絶対にしたくない!!って。やらずに逃げたくせに人の目を気にしたり、あとから思い返してこんな風に後悔するのも。

もうしたくないです。

こんな思いをしないためには、その時にできる精一杯をやるしかないです。当時の私の記憶だって、やれることはやった!頑張れた!という思いがあれば、こんな風にチクチクと語りかけてこないでしょう。

だからたぶん、そういうこと。

もうこんな思いはしたくないから、せめてこれからは今できる精一杯をやっていこう。

そうしようと決めた、決意表明をここに残しておきます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. ユキコログ、リニューアルしました!これからはここが私の城です!
  2. 『新月の夜の宇宙』ウユニ塩湖のスターライト、サンライズツアー
  3. 世界遺産マチュピチュ。天空の大都市遺跡へついにきた!
  4. ウユニ塩湖の有名ツアー会社、穂高ツアーの利用の仕方や料金などをまとめてみました

関連記事

  1. can-not-image

    考察、思うこと

    今より先の自分がどうなっているかなんて、そんなの想像できない方が面白い

    今の自分より、ちょっと未来の自分。たとえば1ヶ月後、1年後の自…

  2. dansyari

    考察、思うこと

    断捨離の末、私は本棚を捨て紙の本の手持ちは2冊になりました

    今現在、私もブログを書く側にいます。そんな私がまだブログを読むだけだっ…

  3. good

    考察、思うこと

    厚切りジェイソンさんのツイートは下手なビジネス書よりも内容が濃く、読む価値がある

    最近ブレイクしたお笑い芸人、厚切りジェイソンさん。私はこの人の…

  4. decide-my-life

    考察、思うこと

    人生って、いったい誰が決めてるのか?

    ありがたいことに、このブログもたくさんの方に見ていただいています。…

  5. accept-a-change

    考察、思うこと

    変化を受け入れられる、変化し続ける人でありたい。

    停滞ほどつまらないものはありません。けれど、停滞している状態と…

  6. go-to-work-by-train

    考察、思うこと

    電車が止まっても仕事へ行く。そんな自分の姿に考えた。

    週末は台風で、関西地方はえらいことになりました。私が住んでいる…

コメント

  1. 初めまして、Chiakiと申します!
    前々からブログを拝見させてもらってたんですが、今回の記事がすごく心に響いたのでコメントせずにはいられませんでした。
    私は今ビクトリアでワーホリしていて、もうすぐ新しい仕事に挑戦します。
    きっと大変で逃げだしたくなるかも・・・とたまに弱気になります。
    過去にも色々逃げを選んできたときはありましたが、でも今回は絶対逃げたくない、ただ精一杯やろうとこの記事を読んで強く思いました!
    ユキコさんはもうすぐビクトリアに来られますよね?^^寒くなってきたので暖かい服をいっぱい持ってきてくださいね!
    これからもブログの更新、楽しみにしています。

    • りな
    • 2015年 11月 16日

    こんにちは!!わたしも同い年でカナダに行きたい!とコメントを残したものです。前回名前を名乗るのを忘れていました(゜ロ゜)86年なので一つ下なのですが完全に同世代なのでよろしくお願いします(^_^)ちなみにわたしもみさPさんのブログめちゃ好きで、USJのハリポタ好きですよwもう来月ですね!飛び立つまで( ´∀`)

    • yukikolog
    • 2015年 11月 19日

    >Chiakiさん
    はじめまして!
    素敵なコメントありがとうございます!
    コメントを拝見して、Chiakiさんかっこいい!!と思いました。
    強い気持ちと決意が伝わってきました。
    新しいお仕事、応援しています!
    やはりそちらはもう寒いんですね。
    暖かい服を詰め込んで行きます!

    • yukikolog
    • 2015年 11月 19日

    >りなさん
    こんにちは。
    お名前を教えていただけて嬉しいです♪
    はい、気付けばもうあと1ヶ月ほどになりました…。
    ちょっとずつ現実味をおびてきたような…、いやまだふんわり夢のような気もしていたり、不思議な気持ちです。
    みさPさんのブログはやっぱりすごいなぁ…!何だか共通点がたくさんあって嬉しいです。
    またいつでもお話しにいらしてくださいね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。



Booking.com

Facebookページ

最近の記事

  1. lapaz
  2. cherry-in-kyoto
  3. chicken
  4. uyuni
  5. hodaka-tour

アーカイブ

ご一読ください

  1. earphones

    日常生活

    イヤホンチップをComply(コンプライ)製品に変えたら、とんでもなく幸せになっ…
  2. stop-the-return-of-scholar-ship

    手続き

    ワーホリ中の奨学金の返還を止めたい人は、『奨学金返還期限猶予願』を届け出ましょう…
  3. kokuho-nennkinn

    手続き

    ブラック企業を辞めた人へ。離職票が手もとになくても国民健康保険と国民年金に切り替…
  4. cambridge1

    ワーホリ準備

    ワーホリ前の英語学習。英文法参考書、これで頑張ってます!
  5. travel-wallet1

    ワーホリの持ち物

    abrAsus(アブラサス)の『旅行財布』の使い勝手が思った以上に素晴らしかった…
PAGE TOP