WaT

考察、思うこと

WaT(ワット)の解散。いちファンとして思うこと。

懐かしい写真が出てきたな…。

 

12月6日の夕方ごろに見たニュース。

それは、WaT(ワット)というユニットの解散のニュースでした。

ウエンツ&(アンド)徹平の頭文字をとって名づけられたのが、WaTというユニット名の由来です。2010年から活動を休止していて、今年は結成10周年ということで5年ぶりに活動を再開していました。

年のはじめにはその活動再開、そして新曲発売とライブ開催決定という、嬉しいニュースがあったばかり。

そんな彼らが、10周年記念ライブで解散を発表しました。

何となく、今の自分の気持ちを残しておきたくて、ブログを書きます。

 

今回のブログ、かーなり乙女入っています。笑

ちょっと、いやかなり恥ずかしいですが、正直な気持ちをここに書き残します。

 

スポンサーリンク

WaTと私の10年間の思い出

WaT オフィシャルファンクラブ

実は私、10年間ずーっと好きで応援していたんですよ。はじめてWaTの存在を知ったのは、彼らが『5センチ。』というセカンドシングルを出してすぐの頃でした。

うわぁ……懐かしい!!

そしてカラオケで見たこの曲のPVで、ズドンと落とされました。笑

この曲のPV、機会があればぜひ見てみてください!二人でお出かけしてスノボを楽しむ映像なんですが、本当にかわいらしくてきゅんきゅんしちゃいますよ!!

WaTの二人ともが好きですが、どちらかといえば、私は小池徹平くん派でした。

彼はいろいろなドラマに出ていますが、私の中では『医龍』のイメージが本当に強い。というかこの作品で、私は俳優である小池徹平に落ちました。笑

このドラマはシリーズ4くらいまで続きましたね。

その中でも、私はやっぱりこの第一作目が大好きです。徹平くんは真ん中分けのメガネくん、伊集院先生役で出演していました。

まだ自分のスタイルも何も確立していない研修医の役で、周囲によく振り回されている役どころでした。その中でも、末期がんのおばあちゃんとのお話では涙腺を崩壊させてくれました…。

WaTがセカンドシングルを出して私が『あ、WaT好きかも…』と思ったその年、徹平くんは写真集を発売しました。

ちょっと表紙が恥ずかしい…!え!ちょっと待って!kindle版なんて出てたの?!笑

この写真集の発売を記念して、東京で握手会が行われたんです。

私は当時大学生。握手会のためだけに、夜行バスで日帰り東京旅を決行しました。

確か握手会は日曜日で、夜行バスで帰ってきた翌朝にその足で大学へ行くという強行日程。……若かったからできたことだなぁ…と、今でもしみじみ思い出します。笑

この時の握手会、目の前に本物がいる…!という感動により、握手をしながら泣いてしまったんです。

そんな私にね、目の前の徹平くんは頭をぽんぽんと撫でてくれました。

この時の感動と嬉しさ、わかってもらえますか??!!

あの!本人を目の前にしただけで泣いてしまうような相手に!頭を、ぽんぽんって!!!!

とまぁ、ここでとどめをさされまして。笑

そこから10年間、ずっと応援をしてきたわけです。

ライブにもたくさん行きました。徹平くんが出演する舞台も見に行きました。そのどちらもで、最前列でその姿を見ることもできました。

ファンに向けて、いちばん最初に解散を伝えたWaTの二人。私は今回、その場にはいませんでした。

10周年とはいえ、活動している期間よりも休止している期間の方が長かったです。応援してはいても、やっぱり何も活動がない状態では、ずっと同じ熱量ではできなくなっていきます。

最近では、私の中のWaTの優先順位は、かなり低いものになっていました。

彼らは2016年2月11日をもって解散します。その最後の日にも、私は立ち会えません。

少しさみしいけれど、それが私の最後のかたちです。

 

スポンサーリンク

WaTの彼らは私の青春でした!

彼らを応援していたこの10年間には、素敵な思い出がたくさんあります。彼らのおかげで出会えた人たちもたくさんいて、今でも交流が続いている人たちもいます。

人生で一番楽しかったし、一番、好きなことに対して素直にまっすぐでした。当時の私は、今思えば本当に青春真っ只中にいたと思います。

いろいろと思うところもありますが、やっぱりWaTの二人に伝えたいのは感謝の気持ちです。

二人のおかげで、本当に楽しい時間が過ごせました。最後の時には私は立ち会えないけれど、できたら二人には最後まで笑っていてほしいと思っています。

10年間お疲れ様でした。

素敵な思い出をくれて、本当に本当にありがとう!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. ウユニ塩湖の有名ツアー会社、穂高ツアーの利用の仕方や料金などをまとめてみました
  2. 『新月の夜の宇宙』ウユニ塩湖のスターライト、サンライズツアー
  3. マドリードのサン・ミゲル市場は美食の宝庫。女おひとり様でも心ゆくまでスペイングル…
  4. 聴神経腫瘍摘出手術から、ちょうど1年。今だから言えることと、その今。
  5. 世界遺産マチュピチュ。天空の大都市遺跡へついにきた!

関連記事

  1. happy-new-year-2016

    考察、思うこと

    新年のご挨拶。明けましておめでとうございます!

    少し出遅れましたね。改めまして、新年明けましておめでとうござい…

  2. great-respect

    考察、思うこと

    心から尊敬できる上司に出会えた幸運。今でも変わらない私の目標です。

    私は今まで、アルバイトを含め3つの仕事をしました。その中で絶対…

  3. home-stay-in-nz

    考察、思うこと

    ニュージーランドで体験した、1週間のホームステイのこと。

    来月には1年間カナダへ行こうとしている私ですが、実は海外経験はほぼあり…

  4. decide-my-life

    考察、思うこと

    人生って、いったい誰が決めてるのか?

    ありがたいことに、このブログもたくさんの方に見ていただいています。…

  5. dizzying-change-my-feeling
  6. memory-about-running-away

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



Booking.com

最近の記事

  1. palacio-real-de-madrid4
  2. reina-sofia8
  3. sangines3
  4. mashroom
  5. mercado-de-san-miguel

アーカイブ

ご一読ください

  1. earphones

    日常生活

    イヤホンチップをComply(コンプライ)製品に変えたら、とんでもなく幸せになっ…
  2. non-cleansing-beauty1

    日常生活

    肌断食をはじめてみたので、白色ワセリンとミネラルファンデ愛用中です
  3. credit-card

    ワーホリ準備

    ユキコがワーホリに持っていくカードたち、3枚+1枚はこちら
  4. english-dictionary

    ワーホリ準備

    英語学習に必要不可欠なあれは、こちらを参考にして買いました
  5. stop-the-return-of-scholar-ship

    手続き

    ワーホリ中の奨学金の返還を止めたい人は、『奨学金返還期限猶予願』を届け出ましょう…
PAGE TOP