home-stay-in-nz

ニュージーランドで体験した、1週間のホームステイのこと。

 

来月には1年間カナダへ行こうとしている私ですが、実は海外経験はほぼありません。パスポートを使ったのは、今までで2回しかないです。

1度は、昨年夏に行った2泊3日のグアム旅行。そしてもう1度は、15年前の高校1年生の時、ニュージーランドに2週間滞在した時です。

ニュージーランドでの滞在は、最初の1週間はホームステイをしました。

最近、ぼんやりとではありますが当時のことを思い出したりするんですよね。やっぱりまた、もうすぐ海外へ行こうとしているからでしょうか。

もう10年以上前のことで残念ながら当時の写真も何も残っていないですが、それでも覚えていることをここに残しておこうと思います。

 

スポンサーリンク

ニュージーランドでの貴重なホームステイ体験

ホームステイでの滞在は私一人ではなく、同い年の女の子と一緒にお邪魔しました。

ホームステイ先はニュージーランドのウエリントンという、大きな都市から車で10~20分ほど走った住宅街にある一軒家。確か2階建ての立派な家には、おじいちゃんがひとりで住んでいました。

きれいな白髪、すっと通った鼻、少しふっくらとした体形に、きれいなスーツを着ていたおじいちゃん。いわゆるお金持ちの『白人』さんのイメージそのままの、笑顔が素敵な方でした。

ホストファザーとのはじめての会話は、その場にいたコーディネーターの女性を通してでした。不思議とはっきり覚えていて、『お仕事は何をされているんですか?』と聞きました。

その時のホストファザーからの答えは、『もうすでにリタイアしている』というもの。そして『奥様は亡くなって、今はひとり暮らし』とのことでした。当時はこのリタイアという言葉すら意味がはっきりわからなくて、それ以上会話を続けられませんでした。

それからの1週間は、やっぱり会話という会話はあまりできなかったです。

まず大きな壁は、英語ですよね。

当時私は高校1年生になったばかり、英語は学校で嫌々やっていたようなものでした。このニュージーランド滞在は英語学習を目的としたものではなかったので、わからない言葉を理解しようという気持ちは余計に起きなかったんです。

そしてもう1つは、おじいちゃんほどの年上の男性との共通の話題のなさ。

私は祖母は健在でしたが、祖父はどちらも早くに亡くなり顔も知りません。そんな年の男性に対する免疫がまったくなかったんです。

というわけで、ホストファザーとの会話はかなりハードルが高かったです。今思えば、何でもいいからもっといろんなお話をすればよかったなぁ…。

とっても素敵なホストファザーでした!!

そういった自分が至らなかったゆえの後悔はありますが、ホストファザーはとてもよくしてくれました。

毎日朝早くに起きて、私たちの朝食と昼食を準備してくれました。朝食はトーストにジャム、オートミール、ヨーグルト、紅茶とほぼフルラインナップが毎朝並んでいました。

昼食は簡単なサンドイッチと、キウイやバナナ等の果物がいつも入っていました。さすがニュージーランド、キウイフルーツがすごく美味しかったです。夕食は自宅で食べたり、外に食べに連れて行ってくれたりしました。

1日だけフリータイムがあったんですが、その時は車で観光に連れて行ってくれました。一緒に散策したり、ゆっくりと時間を過ごしました。

その国の印象は出会った人でずいぶん変わる

こんな感じで、私のホームステイ体験はとてもいい思い出です。

ホストファザーとのお別れは泣きましたねー。一緒にお世話になっていた子と一緒に、ファザーに抱き着いて大泣きしました。

あんまり会話はできなかったですが、私たちを歓迎してくれている気持ちは十分に伝わってきていましたから。

私は今でもニュージーランドという国が好きです。

あれから一度も行っていないし、現地に友人がいるわけでもないです。

それでもやっぱり、あの時のあの体験がとてもよいものだったから。きっと、ニュージーランドという国と共に、優しいホストファザーのことを思い出すからでしょう。

私はワーホリでもホームステイをお願いしていますが、願わくばまた、素敵な家族に会えたらいいなぁ。

 

  • コメント: 2

the-person-who-has-full-of-energy一緒に過ごす人は、自分と同じかそれ以上の熱量を持った人がいい前のページ

ルクアイーレのMAX BRENNER CHOCOLATE BAR(マックスブレナーチョコレートバー)へ行ってきた!次のページmax-brennner5

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. ビクトリアに持ってきてよかったもの、いらなかったもの。
  2. 1K一人暮らし会社員ユキコの、2021年上半期、買ってよかったものリスト
  3. ブロガーズトートの使い勝手がよすぎて毎日持ち歩いて酷使しまくってます
  4. ウユニ塩湖の有名ツアー会社、穂高ツアーの利用の仕方や料金などをまとめてみました
  5. ユキコログ、リニューアルしました!これからはここが私の城です!

関連記事

  1. my-true-feeling
  2. dont-need-understanding

    考察、思うこと

    そんな相手になんて、わかってもらおうとしないでいい

    越えられないラインって、別にあってもいいと思うんで…

  3. really-like-you

    考察、思うこと

    好意やプラスの感情は、出し惜しみしているひまなんてない!

    私はあなたが好きです。こういうところが素敵…

  4. happy-new-year-2016

    考察、思うこと

    新年のご挨拶。明けましておめでとうございます!

    少し出遅れましたね。改めまして、新年明けま…

  5. run-away

    考察、思うこと

    『理不尽に負けちゃいけない』なんて、いったい誰が決めたの?

    日本においては我慢は美徳だとか、耐え忍ぶだとかいう…

  6. accept-a-change

    考察、思うこと

    変化を受け入れられる、変化し続ける人でありたい。

    停滞ほどつまらないものはありません。けれど…

コメント

    • かずえ
    • 2015年 11月 26日

    こんにちはヾ(@⌒ー⌒@)ノ
    ワーホリまであと少しですね!!
    学校はもう決められているんですか?

    • yukikolog
    • 2015年 12月 02日

    >かずえさん
    こんにちは!お返事が遅くなってしまってすみません。
    本当にあと少しですー!
    語学学校はもう決めています!来年になったらすぐに通う予定で、こっちもドキドキですー!

  1. この記事へのトラックバックはありません。



Booking.com

最近の記事

  1. spring-butchart
  2. hanaroro
  3. MAMAMOO
  4. restart-2021
  5. palacio-real-de-madrid4

アーカイブ

ご一読ください

  1. travel-wallet1

    ワーホリの持ち物

    abrAsus(アブラサス)の『旅行財布』の使い勝手が思った以上に素晴らしかった…
  2. MAMAMOO

    MAMAMOO

    MAMAMOOと出会ったばかりの新規ムムである私の、2023年12月のその日まで…
  3. spring-butchart

    カナダワーホリ

    カナダワーホリの思い出。春のブッチャートガーデンは美しいチューリップ祭り
  4. all-my-luggage-for-victoria

    ワーホリの持ち物

    ビクトリアワーホリの持ち物全公開しちゃいます!
  5. earphones

    日常生活

    イヤホンチップをComply(コンプライ)製品に変えたら、とんでもなく幸せになっ…
PAGE TOP