shy

考察、思うこと

いちばん最初の『私、人見知りなんです』の言葉に込めた、自分を守る保険が透けて見えるんだよ

おそらく、私は人見知りをしない部類の人間です。自分から声をかけることを恐れない方だし、ある程度の雑談も無理なくできます。

コミュニケーション力があるよね、と人から言われることもあります。そう言われると、素直にとても嬉しいです。

でも、昔からこうだったわけじゃないです。

30年足らずの短い人生ですが、その中で身につけてきたものなんです。

 

スポンサーリンク

私も以前は人見知りでした

むしろ昔の私は、人見知りをするタイプの人間でした。人見知りすらも通り越して、他人と接するのが面倒だったのを覚えています。

どちらかというと、明るくて場の雰囲気を盛り上げてくれている人を冷めた目で見ている、そんな人間でした。

何でそんな風にしていたかと言うと、今ではあまりわかりません。

ただ、見栄っ張りで格好つけな自分がいたんだと思います。斜に構えて余裕ぶって、人を内心で小馬鹿にして、自分の本音は隠して。

そんな自分の方が格好いいと本気で思っていたんでしょう。

やだ、この人イターーイ。笑

そんな自分は周りの環境に甘えていただけだった

そんな私は、高校は中学の同級生がほとんどいない学校に進学しました。

今までは自分から動かなくとも、誰かが仲間に入れてくれました。何も言わなくても私のことをわかってもらえていました。なぜなら保育園や小学校からの、10年来の知り合いが今まではたくさんいましたから。

知っている人が誰もいない教室の中では、自分の存在が消えることも簡単でした。いじめや仲間外れはなかったですが、今までにはなかった壁を感じることが増えました。

私は他人と接するのが面倒なんではなく、ただ甘えていただけだったんです。

初めてに近い、自分で自分の居場所を作る作業。今までのように周りまかせな、受け身の自分では絶対にできないものでした。

自分から自分をさらけ出して知ってもらい、人との関係を築いていくようになりました。昔の自分が冷めた目で見ていた人たちを参考してみたりもしました。

そうしたら、昔よりも少し生きやすくなりました。

人と接するのがおっくうではなくなりました。明るくて楽しい人たちが、私の周りに増えました。

笑うことも多くなりました。本音を、話せる人ができました。

だから私に何をしてほしいの?

前置きが長くなりました。

こうやって人見知りを克服(というか、性格矯正?笑)してきた私にとって、『私、人見知りなんです』といちばんはじめに言われた時、こう感じるんです。

そう先に言ってしまっておくことで、自分に保険かけてるつもりなの?

そりゃあ、最初に自分は人見知りだって伝えておけば自分の気はラクです。うまく話せなくても、相づちがうてなくても、話が盛り上がらなくても、私は人見知りだから仕方ないでしょってことですよね。

私は、本当に初対面の人から、いの一番にこう言われるのはあまり好きではありません。

正直、いちばん最初にそう言われても『知らんがな…』としか思えないんです。この場がいまいちなのは自分の中身がつまらないからじゃない、人見知りのせいだからね!って言われている気分になっちゃうんですよね。

なんなら最初にそう言われてしまった私は、そんなあなたを気遣いながらこの場を過ごさなきゃいけないんですか?とまで考える。

ふふふ。ひねくれてますねー、私。笑

そんなことわざわざはじめに言わなくても。

最初のあなたと私の距離は、このくらいなんだなって思うだけなのに。仲良くなりたいと思ってくれるその気持ちを、伝えようとしてくれるだけ十分なのに。

そういう風に、思ってしまうんです。

自分の殻を割って、感情を外に出す

人見知りをする理由はそれぞれだと思うんですが、ひとつだけ言えることがあります。

それは、もっと自分をさらけ出して人と接してもいいんじゃない?ってことです。

人見知りをする人って、その場の空気が悪くなることや相手が気を悪くするんじゃないかということを気にし過ぎる人が多いように思います。だから自分から話したり、会話を続けるのが苦手に感じてしまうんじゃないかな。

さらにはそれが、自分を取り繕ってしまいがちになることにもつながっていると思うんでよね。

そんなこと考えずに、そのままの自分で人と接した方がはるかにラクで楽しいです。

いいじゃないですか。

ちょっとくらい話が盛り上がらなくても。気のきいた相づちがうてずに、少しくらい気まずくても。

それができない(かもしれないと思っている)自分に保険をかけて人と接するより、そのままの自分でいる方が、ずっとずっと素敵です。それに、最初からそのまんまの自分で接していれば、後々のお付き合いもとってもラクになります。

自分の殻を割ってもらうの待つのではない。最初から中身を見せてしまっていれば、こんなにラクなことはないですよ!

短い人生だもん。

他でもない自分を奥に押し込めて誰かといても、そんなのちっとも楽しくないよ!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. ユキコログ、リニューアルしました!これからはここが私の城です!
  2. ウユニ塩湖の有名ツアー会社、穂高ツアーの利用の仕方や料金などをまとめてみました
  3. 世界遺産マチュピチュ。天空の大都市遺跡へついにきた!
  4. 『新月の夜の宇宙』ウユニ塩湖のスターライト、サンライズツアー

関連記事

  1. great-respect

    考察、思うこと

    心から尊敬できる上司に出会えた幸運。今でも変わらない私の目標です。

    私は今まで、アルバイトを含め3つの仕事をしました。その中で絶対…

  2. go-to-work-by-train

    考察、思うこと

    電車が止まっても仕事へ行く。そんな自分の姿に考えた。

    週末は台風で、関西地方はえらいことになりました。私が住んでいる…

  3. can-not-image

    考察、思うこと

    今より先の自分がどうなっているかなんて、そんなの想像できない方が面白い

    今の自分より、ちょっと未来の自分。たとえば1ヶ月後、1年後の自…

  4. meeting-and-parting

    考察、思うこと

    正しいお別れの仕方はいくつになってもわからない。

    出会いとお別れ。生きている限りはずっと続くものだし、切り離すこ…

  5. dont-need-understanding

    考察、思うこと

    そんな相手になんて、わかってもらおうとしないでいい

    越えられないラインって、別にあってもいいと思うんですよ。&nb…

  6. home-stay-in-nz

    考察、思うこと

    ニュージーランドで体験した、1週間のホームステイのこと。

    来月には1年間カナダへ行こうとしている私ですが、実は海外経験はほぼあり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



Booking.com

Facebookページ

最近の記事

  1. lapaz
  2. cherry-in-kyoto
  3. chicken
  4. uyuni
  5. hodaka-tour

アーカイブ

ご一読ください

  1. english-dictionary

    ワーホリ準備

    英語学習に必要不可欠なあれは、こちらを参考にして買いました
  2. stop-the-return-of-scholar-ship

    手続き

    ワーホリ中の奨学金の返還を止めたい人は、『奨学金返還期限猶予願』を届け出ましょう…
  3. travel-wallet1

    ワーホリの持ち物

    abrAsus(アブラサス)の『旅行財布』の使い勝手が思った以上に素晴らしかった…
  4. non-cleansing-beauty1

    日常生活

    肌断食をはじめてみたので、白色ワセリンとミネラルファンデ愛用中です
  5. kokuho-nennkinn

    手続き

    ブラック企業を辞めた人へ。離職票が手もとになくても国民健康保険と国民年金に切り替…
PAGE TOP