カナダのお隣、アメリカへ!2泊3日のシアトル旅行へ行ってきました!

seattle1アメリカ

〈景品表示法に基づく表記〉本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

 

かれこれ2ヶ月ほど前、学校のお休みの関係で4連休があったんです。

いつだったかな…。そうそう、これ。

お天気もよくて(2日目は崩れましたが…)、2月なのにポカポカあったかくて、いい旅行になりました。

というわけで、今回からシアトル旅行のことを書いていきます!

 

スポンサーリンク

ビクトリアのインナーハーバーから水上飛行機でシアトルへ行こう!

ビクトリアからシアトルへはいろいろな行き方があります。

飛行機も出てるし高速フェリーもあるし、バンクーバーまで出ればバスで陸路で入国、という手もあります。

今回、私は水上飛行機に乗って行ってきました。

本当はホテルと併せて予約ができる高速フェリー(Victoria Clipperといいます)にしようと思ったんですが、この時期は便数が少なくてちょうどいい時間のものがなかったんですよね。(というかこの時期は1日に1便しか出てない…)

これからの時期は便数も増えてくるようですよ。

話を戻して、私が予約した水上飛行機は、Kenmore Air(キャンモアエアー)という航空会社です。

朝9時発の飛行機に乗るため、7時半頃に乗り場に着くよう出発しました。眠いよ!

kenmore-air1

真ん中の緑の看板の矢印に向かって歩いていくと…

 

kenmore-air2

こんな小さな小屋(本当にそれくらいの大きさ)みたいな建物があります。これが水上飛行機のチェックイン場所です。

場所はこちらです。

ダウンタウンから歩いて5分かからないくらいの場所です。

 

kenmore-air3

kenmore-air4

中は本当に小じんまりとしていて、少しの待合スペースと5つほどのカウンターがあるだけです。ここで手続きをすませ、出国を待ちます。

ちなみに、1枚目の写真にあるドリンクコーナーは無料です。

コーヒーに紅茶、あと軽食も置いてあります。私は朝ごはんにコーヒーとリンゴをいただきました。

そうそう。お隣の国とはいえ、そして水上飛行機とはいえ、アメリカへは空路での入国となるのでESTAの申請は必須です。お忘れのないように!

飛行機は定員10名ほどの、本当に小さなプロペラ機でした。そこまで高度を上げずに飛行するので、地上がちょうどミニチュアサイズくらいに見えておもしろかった!

 

そして1時間半ほどのフライトで、アメリカに到着です。

seattle2

こちらも同じくシアトルの港に着くので、パッと見た感じはビクトリアのインナーハーバーと似ている印象。

正直、アメリカだー!国境を越えたー!という気分にはあんまりならなかったです。笑

けれどもさすがアメリカ。入国審査はしっかりと受けました。(当たり前だ)

審査官はお顔は怖いけれどノリのいい素敵なおじさま審査官だったので、すんなりと入国させてくれました。

シアトル旅行編、スタートです

というわけで、次回から少しの間シアトル旅行編にお付き合いください。

はじめての一人での海外旅行、そわそわしながら町歩きをしてきました。

そう、実はこれ、初海外ひとり旅だったんですよ!

シアトルも海の近くの町。

 

seattle3

坂道が多くて、ぱっと道が開けたその先には海が見えて。

 

こんな感じで、シアトル旅行編スタートです。

 

コメント

  1. Rhei より:

    こんにちは、はじめまして!
    ビクトリアのワーホリ行ってる方のブログなんてないかなー…と思ったらちょうどヒットしたので拝見させてもらいました(笑)
    水上飛行機って日本じゃ全然目にしませんね、これぞ外国…!
    シアトルにも行ったことがありますが、冬場でメチャクチャ寒くて震えていたのを思い出します。
    野球観戦でイチローの試合も見れていい思い出になりました。
    是非楽しんでください!
    ワーホリについて少し気になったことがあったのでメールを送らせてもらいました。
    もしよければ見てください!

  2. yukikolog より:

    >Rheiさん
    はじめまして。コメントありがとうございます!
    それとメッセージもありがとうございました。エージェントさんに聞くほどでもないけど誰かに聞きたい…みたいなことでもありましたら、またいつでもお送りくださいねー!
    私も2日目は風も強い雨の日だったので、こごえそうになりながら観光しましたよ!笑
    野球観戦もしたかったなー。シアトル時代のイチローが見られただなんてうらやましいです!
    それでは、またいつでも遊びにきてくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました