hershel-backpack1

カナダワーホリ

カナダのバンクーバー発!日本でも人気の『Herschel Supply Company』(ハーシェル・サプライ・カンパニー)のバックパックを買っちゃった

ミーハー丸出しですが、買っちゃったー。

けっこうみんな持ってるし、日本でももうすでに流行っているからあんまり珍しいものでもないし、何ならかぶるの嫌だなーと思って少し敬遠すらしていたんですが。

今日はただただ、買ったものの自慢ブログでっす!

えへ!

 

スポンサーリンク

『Herschel Supply Company』(ハーシェル・サプライ・カンパニー)の『Little America』(リトルアメリカ)

hershel-backpack2

 

あぁああかわいいなぁ!!

なぜ今さらバックパックなんて買ったのかと言うと、実は日本にいる時からずっと愛用していたブロガーズトートの取っ手部分が、ほつれて取れてしまいそうになってしまったからなんです。

 

語学学校に通っている間は、分厚い教科書3冊にでっかいバインダー2冊、デジカメやその他、そして時々ノートパソコンという、私そのうちカナダで肩がもげて取れんじゃないかという重労働に、ともに耐えてくれた我が愛しのブロガーズトート。

さすがにそんなに酷使したらそうなるわ、という使い方をしていました。本当にごめんよ…。

そのために最近は代わりになる大きめのカバン(ノートパソコン収納可、デザインはシンプルイズベスト!)を探していたんですが、ふと目に入ってきたのがこの『Herschel Supply Company』(ハーシェル・サプライ・カンパニー)というロゴがついたリュックたち。

本当によく見かけるので、何でこんなに流行っているのかね?くらいにしか思っていなかったんですが、試しにちょろっとネットで検索してみたんです。

そしたらこのブランド、カナダのバンクーバー発。そしてパソコンをおさめるポケットがデフォルトで搭載されている。と書いてあるじゃないですかー!

あー、だから留学生のみならず、現地カナディアンの若者たちもみんな背負っているんだね!ちなみに私のバイト先の人たちも何人か使っていて、更衣室で毎回見かけていました。

冒頭に書いていたウダウダ(けっこうみんな持ってるし、日本でも…ってやつですね)はこの時点で頭から吹っ飛び、サクッと購入しちゃいました!

 

hershel-backpack3

私が購入したのは容量25リットル、『Little America』というラインのもの。

他にももっと容量の少ないものやベーシックなリュックタイプもあったんですが、この超ドシンプルな見た目に惚れて、この子に決めました。

 

hershel-backpack4

ブランド名のタグもシンプル。よく見かける筆記体のタグとは少し違っていて、私はこっちのシンプルな方が好きです。

 

hershel-backpack5

上のカバーを開けると、中はとっても広々空間。外見のシンプルさとは裏腹な赤のストライプがかわいらしいですね。

 

hershel-backpack6

背中の部分に大きなポケットがついていて、ここがノートパソコンの収納場所になります。

 

hershel-backpack7

私の愛機もすっぽりサイズです。

 

そしてこのパソコン収納ポケット、実はこんな生地でできているんです。

hershel-backpack8

普通の布生地とは違う、ふっかふかの素材。

これならわざわざパソコンカバーを別で装着せずとも、直接このポケットに入れられちゃいますね!

パックの中には、他にも小さなサイドポケットが2つついていますよー。

 

hershel-backpack9

そしてこちらは、バックパック正面にある外ポケット。カバーを上げると、ちゃんと開け口の部分にはジッパーがついています。上カバーだけでないのが安心ですね!

 

hershel-backpack10

中には謎のフックがあります。

私にはさっぱりわからないんですが、これは何に使うのが正解なんでしょうか?

 

hershel-backpack11

肩ひも、そして背中にあたる部分には、こんな風にクッション素材が使われています。肩ひもはそれ自体も大きめなので、重い荷物を背負ってもぐいぐい肩に食い込んでくることはなさそうです。

容量も25リットルとかなりの大容量なので、これひとつで2~3泊くらいの旅行なら行けちゃいます。

普段から旅行は最小限の荷物派な私には、これも嬉しいポイント。

早くこの子を背負って遠出がしたい!!

すでにこんなにお気に入りのこのバックパック。

普段の生活で使うことはもちろん、早くこの子を背負ってどこかへ行きたい!また少し遠出がしたい欲がわいてきました。

私が購入したタイプのもの以外のラインのパック、その他小物類も大変充実していてサイトを見るだけでも楽しいです。

Herschel Supply Co.

 

ちなみに、私がこのバックパックを購入したのはここ。

ビクトリアなら、このお店以外にもセレクトショップやスポーツ用品のお店でもよく見かけます。種類も豊富にあって、選ぶのに迷ってしまうほど!

 

あ、そうそう。お値段なんですが。

日本のAmazonで買おうとすると、今はこれくらいのお値段となっています。

まったく同じものはなかったので、私が買ったものに一番近いものにしてみました。私が今回購入したのは、25リットルの『Little America』、$100(tax抜き)です。

買ったのは、まさにこのタイミングです。(今調べたら、またもうちょっと下がってた!)

………。

 

円高バンザイうへへーーぃ!(隠しきれない喜び)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. ユキコログ、リニューアルしました!これからはここが私の城です!
  2. 世界遺産マチュピチュ。天空の大都市遺跡へついにきた!
  3. 『新月の夜の宇宙』ウユニ塩湖のスターライト、サンライズツアー
  4. ウユニ塩湖の有名ツアー会社、穂高ツアーの利用の仕方や料金などをまとめてみました

関連記事

  1. sidney-in-canada1

    カナダワーホリ

    カナダのシドニーをぶらり散歩。何にもないがそこにはあります。

    先日、シドニーというところに行ってきました。そこは特に何か大き…

  2. baggage-for-victoria-life

    カナダワーホリ

    ビクトリアに持ってきてよかったもの、いらなかったもの。

    私のビクトリア生活も、はや半年となりました。ここで、ビクトリア…

  3. milestones1

    カナダワーホリ

    カナダワーホリ最後の夜は、思い出がいっぱいつまったあのお店で

    カナダでのワーホリの最後の夜。私は翌日の飛行機の関係で、バンク…

  4. level-check-test-at-camosun1

    カナダワーホリ

    Camosun CollegeのELDコースのレベルチェックテストを受けました

    1月4日からの1週間は、これから通うCamosun Collegeのオ…

  5. slice-meat

    カナダワーホリ

    ビクトリアで見つけた薄切りのお肉!個人的にはFairway Marketがおすすめ!

    海外に住む日本人が苦労すること。色々なことがあると思うんですが…

  6. different-from-japanese-jobs

    カナダワーホリ

    ワーホリで、ローカルで働いてみてわかった日本と違うところ。

    ビクトリアにていわゆるローカルジョブをゲットした私でございます。本当に…

コメント

    • Hi
    • 2016年 7月 16日

    かわいいかわいい!あまり見ないタイプですね!シンプルでとっても使いやすそうですね(^^)
    謎のフック、わたしのバックパックにも付いているのですが(全く違うメーカーです)わたしは鍵を付けております!紛失防止と、見つけやすい気がします。
    いい為替のときに買われましたね!
    今は少し上がってきちゃって残念です^^;
    ところでユキコさんは、ずっとビクトリアを拠点にお考えですか?なにしろカナダは広いので色々見てみたいかも。。と考え中です!

    • yukikolog
    • 2016年 8月 08日

    >Hiさん
    でしょでしょー!これかわいいですよね!
    他のメーカーのバックパックにもついているものなんですね!私は謎フックはこのパックではじめて見たもので、『…なんだこれ?』という動揺が隠せませんでした。笑
    そうですねぇ、たぶんワーホリビザ終了まではビクトリアから動くことはないと思います。ありがたいことにほぼフルに近い状態でバイトに入っているもので、動けないとも言いますか…。笑
    もしいろいろ遠出するとなる時は、きっとワーホリが終わってからになると思います!

  1. この記事へのトラックバックはありません。



Booking.com

Facebookページ

最近の記事

  1. lapaz
  2. cherry-in-kyoto
  3. chicken
  4. uyuni
  5. hodaka-tour

アーカイブ

ご一読ください

  1. cambridge1

    ワーホリ準備

    ワーホリ前の英語学習。英文法参考書、これで頑張ってます!
  2. non-cleansing-beauty1

    日常生活

    肌断食をはじめてみたので、白色ワセリンとミネラルファンデ愛用中です
  3. english-dictionary

    ワーホリ準備

    英語学習に必要不可欠なあれは、こちらを参考にして買いました
  4. stop-the-return-of-scholar-ship

    手続き

    ワーホリ中の奨学金の返還を止めたい人は、『奨学金返還期限猶予願』を届け出ましょう…
  5. credit-card

    ワーホリ準備

    ユキコがワーホリに持っていくカードたち、3枚+1枚はこちら
PAGE TOP